ケーブル事業の強み

私たちについて

ケーブル事業

日本の“インフラ”を支える製品は、
蓄積された知見と、他の追隨を許さない確実な一手から

アルミ配電線

アルミ配電線

高圧ケーブル

高圧ケーブル

難燃ケーブル

難燃ケーブル

ケーブル事業部の主力となる製品は、軽量でコスト面に優れた「アルミ配電線」、「高圧ケーブル」、大規模工場で活躍する「難燃ケーブル」です。
電力事業?情報通信事業者、高速道路などインフラ関係の企業、電機メーカー、そして大規模工場を抱える企業など、多數のお客様に製品を提供しています。

事業?製品の特徴

法令?規格に適合する製品であることが「大前提」

インフラを支える製品に求められるのは、もちろん品質です。しかしそれはただ「高品質」であることではありません。
「お客様の求める様々な品質性能である規格」に適合する必要がありますし、「法律で定められた基準」があり、それを前提とした、安全、安心、快適な暮らしを支えるための商品を提供いたします。

當社ではこの前提のもとに、お客様の「needs」や「wants」を汲み取った多數の商品をラインナップ。防災や環境配慮社會にも対応した先進的な商品をお屆けします。

法令?企畫

REASON

ニシデンの“ケーブル”が選ばれる理由

軽量なアルミ製品にいち早く著手。
國內生産シェアは50%以上

ケーブルのおもな材料は銅。しかし昨今、コストを抑えることができる素材としてアルミに注目する企業が増えてきました。
當社では1960年代からアルミに注目し、専用工場を設立し、とくに軽量化を求められる送配電線の製造をいち早く開始。電柱倒壊などの自然災害時のリスク軽減に貢獻します。

今も変わらず、通信メタル電線需要に対応。安定した供給力でインフラを支える

郡部など一部の地域では、現在でも通信メタル電線が使用されています。
當社では、現在は取扱う企業が減少したメタル電線にも対応可能。地震などの大規模自然災害時でも即時納品ができる體制を築いています。

電線の壽命が「いつまで」なのかがわかる、新しい劣化診斷技術

現在の技術では、ケーブルの「どこ」が劣化しているのかを調べることができます。
そこで當社では、「いつまで」使用できるのかを知ることができる技術を、大學との共同研究にて開発。
「どこ」が劣化するのかに加え、「いつまで」安全に使用できるかがわかることで、製品交換のタイミングを絞りこみ、より低コストで効率的な運用を可能にします。

POWER

ニシデンの“チカラ”

POWER

01

銅からアルミへ。培われた“深い知識”で、アルミ配電線の普及へ貢獻

アルミ配電線の普及

アルミ電線は軽量な反面、銅と同じ電気を送るためには、電線を太くする必要があり、強い風を受けるという弱點があります。
このようにアルミ素材を採用する際には、同時にかならずその弱點をカバーする技術の開発が不可欠です。

南北に長い日本では、臺風による想定風速が地域によって異なります。
各地の風速で最も効果のある形狀の低風圧電線の要望に応えるため、當社では風洞実験などの技術を積極的に導入。業界のトップランナーだからこそ得られる圧倒的な経験値とノウハウを保持しています。

POWER

02

お客様の「needs」「wants」に応じた“選択と集中”

選択と集中

當社ではお客様と密に接し、ときには潛在的なニーズを先んじて顕在化させることで、お客様にさらに満足いただける製品を提供しています。
これらの技術は自社の固有技術となり、お客様へ提供する製品へ還元。より良い製品を生み出すサイクルの源泉となっています。

POWER

03

さらなる生産性を引き出す“スクラップ?アンド?ビルド”

スクラップ?アンド?ビルド

電線製造は裝置産業であり、企業にとって設備投資はその將來を左右するものです。
當社は常に最新の効率化に目を光らせ、デジタルものづくり、によりつねに効率的に設備が稼働する體制を取っています。

POWER

04

良い商品をともに作り上げる人財を育てる“教育制度”

教育制度

新人研修、リーダー研修などの教育制度も充実しています。
複數設備?工程の機械を動かすことができるスキルを持つことで、他社に優る生産効率を実現?!袱长长且簧鷥Pきたい」という人財を育てることを大切にしています。

又黄又湿又免费的视频